住宅ローンの金利情報

2017年8月の住宅ローンの金利は、

多くの金融機関が

中期から長期金利を中心に金利を引き上げました。


その一方で顧客獲得に意欲のある金融機関である、

ネット銀行の一部は金利を引き下げました。


ちなみに日本の住宅ローン金利の指標となっている

三菱東京UFJ銀行も金利を引き上げました。


先月は、三菱東京UFJ銀行を指標にし

他の金融機関が追従する傾向がなくなったと

お伝えしました。


しかし、今月、ほとんどの金融機関は、

既定路線である、三菱東京UFJ銀行の金利に、

追従する形に戻りました。


ですので、

金利を気にされているお客様がいる場合は、

ネット銀行をご提案することも検討しましょう。


また、今後の金利ですが、やはり上昇傾向です。


米国の10年もの国債の金利が

1か月の間に0.15%も変動するなど、

大きな動きを見せました。


日本の10年もの国債の金利も

米国債とほぼ同じ値動きをしており、

この動きが金融機関各社で

対応が分かれた要因の一つであることは

間違いありません。


先月から金融緩和政策の出口議論が始まった

欧州の代表国、ドイツの金利推移を見ると、

10年債金利が上昇しており、

今後も金利が上がる可能性が高そうです。


今月以降の住宅ローン金利は、

この影響を受け、金利は上昇を続けるでしょう。


今月も土曜日曜は(8月夏季休暇11日より16日です)

資金計画の勉強会を行います。(メールで予約制です。)

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム