5月9日(水)曇り&小雨

こんにちは!板橋です。

みなさん、体調崩されていませんか?

わたしは、連休に仕事で暑い中、普段あまり着ないスーツを着て汗をかいたせいかちょっと風邪気味です。

昨日の続きを、お話したいと思います。

きのうは、多面的に借り入れを分析しましょうというこでしたね。

言葉を変えるともう少し突っ込んで借り入れについて考えることで、目に見えないものが見えてくるということです。

もう少し突っ込んでとは、どういうことでしょうか?

まず借り入れ金額の単純な差。

それは、850万円です。

しかし、両者の返済金額の差をみていくと、

①15万円(1~25年の返済額の差。123-108)×25年=375万円

②123万円(26年~35年の返済金が気の差)×10年=1230万円

③①+②=1605万円+金利=1829万円

つまり、35年後には1800万円の貯金があるか、それともやっと返済が終わるのかという差になってあらわられてくるのです。

ここまで、突き詰めて考える方は残念ながら少ないです。

ここまで突っ込んで検討できるか出来ないかが成功と失敗の分かれ道です。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム