良い家の作り方 mini講座

左官屋さんの歴史編

左官工事の起源は、竪穴式住居で暮らしていた縄文時代です。当時は壁の材料になる土が最も手に入れやすい素材で、土を団子状に丸めて積み上げていき土塀を作ったのが始まりです。

その後、飛鳥時代には石灰を使い、壁を白く塗る仕上げや細く割った木で壁の芯を作る技術などが発展し、安土・桃山時代になると色土を使い、土の色をコントロールし、砂や繊維を混ぜることで様々な表現が可能になりました。江戸時代には漆喰で壁全体を覆う漆喰仕上げが開発され、建物の耐火性が飛躍的に向上し、デザイン的にも美しいものになりました。

そして漆喰彫刻という装飾的施工も行われ、芸術性においても大きな発展を遂げ、文明開化後の洋風建築の装飾にも対応しております。現在も左官技術は新しい素材、新しい工法を取り入れながら建築の様々なシーンで活躍しています。

塗装屋さん編

塗装屋さんのお仕事は、その名の通り塗装を専門に行います。ただ塗っている場面だけを見ると、スイスイと塗料が塗布されていき、自分でもできるかな?なんて思ってしまった事はないですか?実は、塗装屋さんは、とても奥の深い仕事なのです。

材料の種類だけでも水性か油性かに分かれ、水性と一口で言っても、ウレタン樹脂かアクリル樹脂かに別れます。更に、ここからも種類は細分化され、数ある塗料の中から、塗布する対象物に適した材料を選ぶのです。塗り方も、ハケなのかローラーなのか吹き付けるのか、塗装屋さんが一番適した方法を考えます。

そして、色の調合はベテランの職人さんでも2度と同じ色を出す事は難しいくらい大変な技術が必要なのです。
塗装屋さんは材料の選定・配合・塗布を熟知した職人さんなのです。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!

お問合せフォーム