2017年03月29日

フラット35をフルローン活用

3月も後半を過ぎ終わりに近づいてきました。

あと少しで暖かい春の訪れです。

春の訪れは4月からですが、
4月1日たちと言えば、エイプリルフールですね。

嘘を付いていいという習慣なので、
エイプリルフールに良い思い出がある人は
少ないかと思います。

今回はなぜエイプリルフールは
出来たのでしょうか?

由来を知っている人は意外と少ないと思います。


◆エイプリルフールの由来は?

1年に1度、堂々と嘘をついて良い日と
されているのがエイプリルフールです。

冷静に考えれば、あまり良い日とはいえません。

“April Fool”は英語で
4月に騙された人の事をいいますが、
そもそも、なぜエイプリルフールは出来たのか!?

調べてみると驚く事に、
起源は全くもって不明だと言う事です。

つまり、どこの誰がどう言う意図で
エイプリルフールを作ったのかは
未だに謎だと言う事です。

しかし、深く調べてみると
由来となった説が複数あることが分かりました。

今回は、それをご紹介します。


由来その①

昔々、ヨーロッパの新年は
3月25日で4月1日まで春の祭りをしていました。

しかし、1564年にフランスのシャルル9世が
1月1日を新年にします。

それに怒った民衆は、4月1日に「嘘の新年」とし、
騒ぎを始めました。

この反発に納得いかないシャルル9世は、
町で嘘の新年を祝っていた人々を
逮捕し処刑してしまいました。

この事件にショックを受けたフランス国民は、
この事を忘れない為とフランス王への抗議として
その後も毎年4月1日に「嘘の新年」として
祝うようになったのが
エイプリルフールの始まりだと言われています。

世の中ではこれが1番有力だと言われています!

由来その②

昔々、インドの修行僧は
毎年3月25日から31日までの一週間、
座禅の修行をしていました。

その間は悟りの境地に入るというものですが、
修行を終えると俗世に戻ってしまいます。

俗世とは社会生活において人間が
一番苦悩する事が多い事柄を指します。

そこで寺では4月1日に
「揶揄節(やゆせつ)」として
修行を終えた僧をからかう行事を行っていました。

それがヨーロッパに伝わり、
広まったのではないかと言われています。


由来その③

4月1日はキリストの命日でありますが、
キリストがユダに裏切られたことを
忘れないために信者が作ったという説です。


由来その④

大洪水から箱船で逃げたノアが大陸を探す為に
船から鳩を解き放ちましたが、
鳩は手ぶらで船に戻ってきました。

その日が4月1日で無駄足だったことから
「無駄なことをする日」となった説です。


由来その⑤

古代ローマでは、主人と奴隷が入れ替わったり、
道化師が聖職者に扮したり、立場を入れ替えて
遊んで楽しんでいたのが4月1日でした。

色々な由来がありましたが、
やはりフランスの説が一番有力のようです。


◆日本にエイプリルフールが伝わったのはいつ

日本に伝わったのは、江戸時代と言われています。

江戸時代は『不義理の日』と言われていました。

義理を欠いていた事
(嘘をついていた事、
お金を借りて返していない事)を
手紙で詫びる日だったようです。

江戸時代の噓に対する厳格な価値観が分かります!

今のエイプリルフールが 浸透したのは大正時代で、
ここ100年くらいのことなのです。


◆エイプリルフール・日本でのルールは!?

日本でのエイプリルフールのルールですが、
起源など由来なども明らかになっていないように、
エイプリルフールには
これといったルールなどは存在しません。

ルールは国や地域でも違いがあり、
絶対にこれが正しいという規則はないんです。

ちなみにSNSの流行にともなって、
確立されてきているルールがこちら。

・嘘をついて良いのは午前中だけ!

・相手の損害や傷つく嘘はNG!

・騙されても、怒らず笑って許す!

これは誰か個人が作ったルールで、
Twitterなどで拡散され話題になりました。

もちろんルールなどはありませんし、

エイプリルフールなので好きに
嘘をついてもいいですが、
2番目の相手の損害や傷つく嘘はNGって言うのは
人間のモラルとして当たり前の事なので
そこさえ注意して楽しんで頂ければと思います。

そもそも生真面目な日本人に
エイプリルフールは不向きだと思われます。

それ以前に海外と違い
日本ではエイプリルフールに
興味が無い人が多いように感じます。

ちなみにエイプリルフールが盛り上がる国は
アメリカ、フランス、イタリア、ドイツ、ロシア等で
やはり欧米になります。

エイプリルフールは相手を傷つけずに
ユーモアたっぷりで笑える、
または優しい嘘をついていきましょう。


今回「賢く家を建てる」のテーマは
フラット35に関してです。

いまだ住宅ローンの金利は低金利ですが
徐々に上がっていくと予想される中、
フラット35をフルローンで、
賢く活用する方法をお伝えします。


それでは
さっそく『今週のTOPIC』をご覧ください!!


―――――――――――――――――――――――――
■ 今週のTOPIC「フラット35をフルローンで賢く活用」
―――――――――――――――――――――――――

住宅ローン購入の際、
頭金が用意するのが難しい場合に
多くの人が活用しているのが、
必要資金を全額借り入れるフルローンと
呼ばれる借り入れ手段です。

そのフルローンの借り入れ先として、
多くのユーザーが利用しているのがフラット35です。

フラット35は借り入れ基準が明確で
「フルローン」を利用する際の審査も、
民間金融機関の住宅ローンと比較すると、
厳しくないのがその理由です。

ただしこのフラット35のフルローンには
弱点があります。

それは融資比率が10割になると(※厳密には9割以上)、
適用される住宅ローン金利が
跳ね上がってしまうのです。

住宅ローン金利が上がってしまうのであれば、
借り入れが難しいと思われた方、
まだここで諦める必要はありません。

実はこのフラット35のフルローン、
借入先の提携金融機関によっては、
従来と同様の金利で
お得に借り入れする方法が用意されています。

今回は、フラット35のフルローンを
お得に利用する方法に注目しました。

頭金なしでフラット35のフルローンでの利用を
検討している方は、是非最後まで
お読み下さい。


◆フラット35 融資比率と金利

まずはフラット35の
基本的な仕組みをご説明します。

フラット35は融資比率によって金利が異なります。


融資比率9割以下(※頭金を1割以上用意できる場合)
→ 標準金利を適用

融資比率9割超(※融資比率10割:フルローンの場合)
→ 標準金利の金利がアップ

次に住宅金融支援機構が発表している
「融資比率9割以下」と「融資比率9割超」の
フラット35の適用金利です。

フラット35適用金利(2017年3月時点)

融資比率9割以下
15-20年固定1.010%~1.560%
21-35年固定1.120%~1.670%

融資比率9割超
15-20年固定1.450%~2.000%
21-35年固定1.560%~2.110%

フラット35を融資比率9割超で借り入れると、
融資比率9割以下で借り入れた場合と比較すると、
住宅ローン金利が高くなります。

金利が高くなるという事は、総返済額も増加し、
毎月の返済負担も大きくなります。

また、フラット35には明確な借り入れ基準があり、
年収400万円未満の場合は年収に占める
借り入れの年間返済額を30%以下、
年収400万円以上の場合は35%以下に
抑えなければいけません。

つまり、フラット35をフルローンで利用すると、
年間の返済額が増えることから、
借り入れ審査のハードルが上がることになります。

フラット35をフルローンで借り入れた場合、
頭金がある場合と比較すると
不利な項目があるのは事実です。

この不利な項目を最小限に留め、
フラット35のフルローンを
お得に借り入れる方法をご紹介します。


◆フラット35をフルローンでお得に利用する方法

フラット35を提供する一部の提携金融機関では、
フルローン利用時に金利が上昇するデメリットを
回避するため、特別な住宅ローン商品を
提供しています。

この商品は、借入額の9割をフラット35で借り入れ
「融資比率9割以下」の金利の適用を受け、
頭金相当の1割を、提携金融機関が提供する
特別な住宅ローンから補填(借り入れ)する
仕組みを採用することで、
フルローンでの借り入れを実現しています。

この方法を活用することで、
実質フルローンながら「融資比率9割以下」の
金利の適用を受けることが可能です。

またフラット35をフルローンで
借り入れた場合と比較すると、
総返済額や毎月の返済額を減らすことができます。

結果的に住宅ローン審査のハードルも下がるため、
フルローンを利用するハードルも下がります。

ちなみに、借入額の9割を「融資比率9割以下」の
フラット35を利用し、
頭金相当額の1割を別の住宅ローン商品から借り入れ、
実質フルローンで住宅ローンを借り入れる場合、
繰上げ返済を上手く活用し、
返済していく方法がおすすめです。

その方法は、先ず、
高い金利が適用されている頭金相当額の
住宅ローン商品の返済を優先すると良いでしょう。

この1割の返済が終われば、
残っているのは融資比率9割以下の金利が
適用されたフラット35のみです。

あとはしっかり返済計画を立て、
住宅ローンの完済を目指しましょう。


◆まとめ

フラット35のフルローンを
お得に利用する方法はいかがでしたでしょうか?

フラット35は、提携金融機関の選び方を
間違えなければ、フルローンであっても
お得に借り入れることが可能です。

住宅ローンを借り入れるのであれば、
総返済額はできる限り圧縮すべきです。

フラット35のフルローンでの利用を
検討されている方は、ご紹介した方法を参考に、
最もお得な住宅ローン商品選びましょう。

それでは、また!!

―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?
□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう
□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも
台無しです。

ゆーあいほーむ では、そんなお客様の将来不安に備えるために、
お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証します!!


お問合せフォーム