2016年10月31日

「建物の知識 構造編」

地震に備えるために建物の知識について、
お伝えしたいと思います。

今回は、構造編です。

―――――――――――――――――――――――――――――
■  「建物の知識 構造編」
―――――――――――――――――――――――――――――
地震大国である日本に住む事に焦点をあて
建物の知識をお伝えします。

今回は、建物の構造に関してです。

戸建住宅の構造、工法はいくつかありますが、
1番地震に強い構造はどれなのでしょう?

耐震性については、
新築の場合どの構造・工法でも
最低限の耐震性はクリアしています。

戸建住宅の主な構造工法を
それぞれベスト3・ワースト3に分けてご紹介します。


■現在の耐震目標は2つ

現在、家を建てる際に適応される法律では、

・ 中規模の地震動でほとんど損傷しない
(気象庁で言うところの震度5強程度)

・ 大規模の地震動で倒壊・崩壊しない
(気象庁で言うところの震度6強~7に達する程度)

上記のことを目標に作られています。


新耐震基準に導入された考え方では
【大規模地震】に対して、倒壊、崩壊しないことを
目標としています。

「人命確保」が大目標で、建物は損傷、傾きで
引続き使用できない可能性があります。

つまり2回目の大地震は想定していないということに
なります。


ちなみに震度に関しては建築基準法には
明記されていません。


▼地震に強い家の注意点

「地震に強い家」は、
どの程度の地震を想定するのかで異なります。

また建物だけなく地盤も影響してきます。 

でも、想像してみてください。

想定外の地震が心配だから
「山の岩盤の上で窓もないシェルターのような
 コンクリートの塊の家」では暮らしにくいですよね。

最近多くの方が「地震に強い家」を求めるため、
ハウスメーカーなどの各社が
どんどんセンセーショナルな動画や技術で
アピールを重ねています。

地元ビルダーでは、そういった技術開発は難しいです。

しかし、地元ビルダーにも蓄積された技術があります。

昔ながらの木造建築の工法に、
事例から生まれた新しい知恵を足しながら、
それぞれのお客さんが求める
「地震に強い家」プラス「暮らしやすさ」を
提案したいと思っています。

確かに、家族を守るためには丈夫な家は大前提です。

しかし、災害は地震だけではありません。

家の中での暮らしやすさも考えなければなりません。

1つに固執することなくバランスを考えて家づくりを
行っていただきたいと願います。

それでは、本題の構造についてです。

◆戸建て住宅 主な3つの構造と特徴

●木構造(W造:woodの略)
・構造の主要な部分に木材を用いる構造です。
 軽量で加工、組み立てしやすいのが特徴です。

●鉄筋コンクリート構造(RC造:Reinforced Concreteの略)
・引っ張り力に強い鉄筋と、
 圧縮力に強いコンクリートを組み合わせることに
 よって強度と耐久性を持つのが特徴です。

●鉄骨構造(S造:Steelの略)
・鉄鋼材の柱と梁を工場で加工し、
 現場でボルトをつなぎ合わせます。
 工場で加工するため製品が安定するのが特徴です。


◆木構造(W造:wood)の主な2つの工法

主な構造材が木で作られる木構造。
中でも木造軸組工法は約68%のシェアを占めています。

2×4(ツーバイフォー)工法は約12%で、
新築住宅の約8割が木構造という事になります。

こちらの2つの特徴を取りあげます。


▼軸組工法(在来工法)

メリットベスト3

第一位 昔から使われていて風土に合っている

第二位 実績がたくさんある安心感

第三位 将来リフォームがしやすい


デメリットワースト3

第一位 火災に弱い(倒壊するまでの時間は長い)

第二位 シロアリに弱い

第三位 腐る


木材で柱や梁で骨格を作り、
筋交いや金物で強度を補強します。

日本で一番多く用いられている木を使った工法で、
日本の風土に合っています。

開口部が比較的自由に開けられるため、
リフォームしやすいです。

プレカットや金物の技術の発達により、
施工が容易になったが、一定の技術が必要です。

設計通りに、しっかりと施工されることが求められます。

木の特性として、火災や虫に弱いが
しっかりと防虫処理されており、
メンテナンスをしっかりとすれば、ある程度は防げます。


▼2×4工法

メリットベスト3

第一位 気密性が高い 

第二位 断熱性が高い

第三位 施工しやすい


デメリットワースト3

第一位 リフォームしにくい

第二位 窓の大きさが制限される

第三位 結露が起こりやすい


工法がシステム化されていて、非常に合理的です。

パネル式なので断熱性があるが
その分結露も起こりやすいです。

窓の大きさもある程度制限されます。

屋根を一番最後に乗せるため、
その間に雨が入らないように
しっかりとした養生が必要です。

壁で支える構造のため、
自由に窓や入口を変更できません。

そのためリフォームがしにくいです。

■鉄筋コンクリート構造(RC造)

メリットベスト3

第一位 耐用年数が長い

第二位 遮音性、耐火性に優れている

第三位 デザイン性が高い


デメリットワースト3

第一位 建築費が高い

第二位 重量が重い

第三位 結露が起こりやすい


コンクリートは不燃材料のため、火事に強いです。

隙間なくコンクリートが打たれるため、
気密性も高いです。
しかしその反面結露が発生しやすいです。

十分な換気設備が必要になります。

耐用年数が高く丈夫で長持ちします。

建築費は一般的に高く、重量があるため、
土地の地盤改良が必要になる場合もあり
コストはかかります。


■鉄骨構造(S造)

▼重量鉄骨(ラーメン構造)

メリットベスト3

第一位 丈夫で長持ち

第二位 レイアウトが自由で大空間が取れる

第二位 施工が安定している

デメリットワースト3

第一位 コストがかかる

第二位 音が響きやすい

第三位 サビに弱い


柱と柱の間が大きく開けられるため、
自由な間取りが可能です。

接合部の溶接がしっかりとされていれば、
非常に頑丈で耐久性があります。

重量があるため、基礎にコストがかかります。

鉄の特性状、音が響きます。

また、長時間の火災には、
熱で一気に柱が倒壊する恐れがあります。

小さな地震でも揺れを感じやすいです。

重機で運ぶ必要があるため、
作業には広い前面道路が必要です。


▼軽量鉄骨(ブレース工法)

メリットベスト3

第一位 施工が安定している

第二位 レイアウトが自由

第三位 大手ハウスメーカー採用の安心感


デメリットワースト3

第一位 音が響きやすい

第二位 サビに弱い

第三位 耐久がやや劣る


ハウスメーカーが多く採用しています。

材料となる鋼材は工場で作られ、
製品として安定しています。

ブレース(筋交い)が入っている壁は
移動ができないため、重量鉄骨と比べて
間取りの自由度は制限されるがコストは抑えられます。

小さな地震でも揺れを感じやすいです。

高熱に弱くさびやすいため
防火、防錆、防水処理が必要です。

鋼材の厚みが薄いため、
重量鉄骨とは別物と考えたほうが良いです。


■まとめ

現在の基準法に沿った形で
しっかりと施工された建物であれば、
どの構造(工法)でも耐震性は問題はありません。

構造や工法を選択する際は、
あなたの要望や状況に合ったものを選んでください。

デメリットは、定期的なメンテナンスや
しっかりとした施工や処理である程度
防げるものもあります。


「1番地震に強い構造」を探すよりも、
その構造を深く理解し、
しっかりとメンテナンスや施工してくれるビルダーを
探す方がもっと大切な事かもしれません。


それでは!また!!

2016年10月15日

要望を整頓整理しよう!!


こんにちは、板橋です。
先日、TVでも紹介されていてご存知の方が多いと思いますが、

子育て中のママさんやパパさんの間で大きな話題となったのが、
「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」です。

この本は元々、
スウェーデンの行動学者のカール=ヨハン・エリーンに
よって自費出版されたもので、その後、英訳されて発売されると瞬く間に
世界中のベストセラーとなりました。

「読むだけで、子供がすぐに寝付いてくれる」

ということで噂の絵本ですが、
行動学に基づいた作りになっているので、その効果はバツグンらしいです。

あなたに小さなお子様がいらっしゃるならお薦めです。

家づくりの基礎知識シリーズです。
―――――――――――――――――――――――――――――
■ 「要望を整頓整理しよう!!」
―――――――――――――――――――――――――――――

◆住まいで何を一番大事にしますか?何人で住みますか?

家づくりの目的は、家族のコミュニケーションを育み、
家族のコミュニケーションをより豊かなものにしていく
ことにあります。

住宅のプランを考えることは突きつめれば
「どのように団らんをつくるか」なのです。

団らんをつくるには「リビング・ダイニング」や
「キッチン」はとても重要な役割を果たします。

具体的には次のようなことを考えていくことが大切です。


●リビング・ダイニングで考えること

・家族で主になにをするか
・家の内部の計画は
・どんなレイアウトにしたいか
・インテリアのイメージは

●キッチンで考えること

・家の内部の配置計画は
・どんなレイアウトにしたいか
・キッチン内の架電設備は
・インテリアのイメージは


始めに家に求めるものを明確にし、
そこから広がるイメージの中で
必要なものを整理していきます。

それを繰り返すことで
自分と家族のライフスタイルを確立させていくのです。


◆ゾーニング計画


ゾーニングとは、
文字通り住まいをいくつかのゾーンに分けることです。

住宅の機能は大きく3つに分けることができ、
ゾーンも通常それに合わせて次のように3分割します。


1. パブリックゾーン

リビング・ダイニングなど
家族全員が集まり、使うゾーン


2. プライベートゾーン

夫婦の寝室、子ども室、老人室など
家族それぞれが使うゾーン


3. サービスゾーン

キッチン、ユーティリティ、浴室、トイレなどの
生活に必要なサービスを受け持つゾーン

これらのうちパブリックゾーンを中心にもってきます。

プライベートゾーンは、パブリックゾーンの音や視線の影響を受けにくい位置に設けるとよいでしょう。

またサービスゾーンは、パブリックゾーン、プライベートゾーンそれぞれと等距離にあるのが望ましいといえます。

それぞれのゾーンの大まかなボリュームについても将来のリフォームなどを想定しながら検討しておきます。

大まかなゾーニングが決まれば、
各ゾーンをさらに細かく「○○空間」といったように
分類し、それぞれを廊下や階段でつないでみます。

何となく間取りの形が見えてきませんか。

ゾーニングの基本を押さえておけば、
敷地に接道している道路が
北側でも南側でも全体の関係性と調和が得られます。

それでは、また。


日程:10月22日(土)~10月23日(日)
時間:10時00分~16時00分
場所:習志野市本大久保3-3-21(そば更科さんの隣)
参加費用:無料ご招待(予約制)


≪こんなことが分かります≫

・自分に合った住宅ローンの選択基準がわかります!
・銀行の営業マンが話さない、金利の裏側教えます!
・払い過ぎ注意! 本当に必要な保険だけ教えます!
・建てた後も安心できる、秘密の裏ワザ公開します!

―――――――――――――――――――――――――
★ 住宅ローン支払いの保証
―――――――――――――――――――――――――

□ 家は建てたいけど、本当に住宅ローンを支払って行けるかな?
□ 病気やケガで働けなくなったら、どうしよう
□ こんな時代だから、勤め先の倒産やリストラも不安だな…

こんな不安を抱えたままでは、せっかくの楽しい家づくりも
台無しです。

「ゆーあいほーむ」では、そんなお客様の将来不安に備えるために、
お客様の万が一でも、住宅ローンの支払いを保証する情報をお教えします。

2016年10月11日

施工実績一覧
施工実績
習志野市
施工実績
習志野市
施工実績
習志野市
施工実績
習志野市
施工実績
千葉市
施工実績
船橋市
施工実績
八千代市
施工実績
千葉市
施工実績
習志野市
施工実績
習志野市
施工実績
八千代市
施工実績
船橋市
東習志野3丁目 T様

実績紹介

【施主様の喜びの声】
喜びの声写真
私は「屋上のある家」を建てたかったので、それができる施工会社をインターネットなどを活用して色々探していたところ、サン・コーポレーションさんのホームページを発見。そこで紹介している内容を読むにつけ。「ああ・・・これこそ私が求めていた工務店だ!」と思うに至り、神に感謝した次第です。

と、大げさに言いたくなるほどサン・コーポレーションさんのホームページの情報量は充実してわかりやすく、安心してまかせられるのではという印象を持ちました。

でも実際は直接人間同士会ってみないとわからないものです。

で、会ってみて完全に納得しました。こりゃまかせて大丈夫だなと!

思っていた以上にいい出来だなぁと思いました!

今のところ、贅沢にも私一人で住みますが、将来には家族と一緒に住みたいと思います(一人で住むには広すぎます!)



201604.jpg

2016年10月10日

万能酵母液で健康生活

3か月前、ある勉強会で同室になった方といろいろな話しをしている中で健康について
の話題になり団地住まいで3歳のお子さんが喘息ぎみで病院通いだったのが、当社の自然素材の注文住宅に住まい始めて喘息が治って喜んでいただいたことを少し自慢して話しました。
そうしたところ相手の方もアトピー等のアレルギー体質やケガ、癌等が治っているという酵母液の話をしてくれました。
話を聞くと九州の整体師さんが全国に広めている玄米と納豆からつくる万能酵母液を飲んでの結果だそうです。
教えてくれいる彼の顔も本当につやつやでもうすぐ50歳を迎えるとは思えない色艶です。
その整体師さんがなぜこの酵母液の普及を始めたのか。

その方の奥様は天然酵母のパン屋さんをしていたのですが4人の子を残し癌でなくなったそうです。
その奥様の遺言で天然酵母のパン屋さんを続けることになった彼は、アトピーや先天性の病気、2人に1人は癌という現実の中で4人の子供達を健康で幸せなものにしたいとの想いから気づいたのが昔からある醗酵という知恵でした。
 
整体師として身体のことを知り尽くし、天然酵母のパン屋さんとして酵母が及ぼす「腸内細菌の活性化」についての確信から生まれた万能酵母液が広まるにつれ体験談が後を絶たないとのこと。

私も早速、作り方の講習を受け1か月半ほど使用しました。
結果は・・・・、
1. 日に5、6回は点眼していた目薬が必要なくなりました。
毎日8時間くらいパソコンに向かっていて目薬が手放せなく夕方には目が霞む状態でした。
酵母液を作ってすぐ目薬を捨て酵母液を点眼することにしました。
その結果が上記の通りです。
2. 犬のにおいがほとんどなくなってきた。(これは数日前から)
犬に1日2回、朝と夕方飲ませました。
飲ませたというほど多くはないですが。
3. 髪の毛が少し増えた。
自分ではあまり気が付かないが周りの人が言ってくれる。

健康住宅づくりだけでなくいろいろな健康法にチャレンジして、周りの方々の健康のヒント的でもお役に立ちたいとの想いでいっぱいです。

下記のURLは万能酵母液の講習会です。よかったら覗いてみて下さい。
http://www.bannoukouboeki.com/

2016年10月06日

人にやさしい木造住宅/習志野のゆーあいほーむ

人にやさしい木造住宅

お客様からこんな質問がありました。
「社長のところでお願いする場合、木造でなく鉄骨造りで建てることができますか?」
ということでした。
「なぜ、鉄骨で建てたいのですか?」とお聞きしたら「鉄骨の方が木造より地震に強い
から・・・」とのお返事でした。

そこで、木の物性から確かめた数字を見て頂きました。

木材の比重は、およそ0.3~0.8
鉄は、7.8
コンクリートは、2.3
*比重とは通常、同体積の4℃の水との比


従って、木はきわめて軽量です。
しかし、引張強度をこの比重で割った場合、引張比強度は、
「木」は「鉄」の約2.6倍(木803kg/㎠ 鉄 306kg/㎠ コンクリート 9kg/㎠ )
圧縮比強度は、
「木」は「鉄」の約3.6倍(木1094kg/㎠ 鉄306kg/㎠ コンクリート91kg/㎠)
*引張強度とは、簡略化していえば両サイドから材料を引っ張り、千切れるまでの力がどれくらいかを数字で示したもの。


このように一般的に鉄やコンクリートが木より強く地震にも強いと思われがちですが
構造材として木の方が強いことが明らかです。
また、
1986年に静岡大学農学部で、木製、金属製、コンクリート製の箱のうち、どれが生き物にやさしいかを調べる実験が行われました。それぞれの素材でできた箱にネズミの親子を飼育し、23日間調べました。その結果子ネズミの生存率が、一番高かったのが木製の飼育箱で85.1%、それに対し、金属製の飼育箱では41.0%、コンクリート製の飼育箱にいたってはわずか6.9%にとどまりました。「木」の家は生き物にとってやさしい環境といえるのではないでしょうか。
※1986年 静岡新聞掲載記事

お問合せフォーム