2012年04月18日

4月18日(水)晴れ

きょうは、暑かったですね。

桜もだいぶ散ってしまいました。

桜といえば土手に植えられているのが多いですが、なぜだと思いますか・・・・。

桜の木は、土に生える根が枝に伸びるため水の浸食を防いで土手の決壊防止に役立つそうです。

また、桜の満開時には人手が多く出ますので人に踏み固められた土手は固くなりこれまた決壊防止になるそうです。

一石二鳥ですね。

先人の知恵には頭がさがりますね。

家づくりも受け継がれた職人の技と新しい知恵とがドッキングして安心ないい家ができるんです。

次の世代に伝統の職人技と知恵を引き継いでいくのも我々世代の役目だと思っております。

お問合せフォーム